青い空
K.iロゴ

当院について

デンタルクリニック

予防、矯正、歯周ケア、インプラント、精密な義歯、子供から年配者まで『かみ合わせ』を含めてご提案します。あまり知られていない『かみ合わせ』の重要性を加えることで、お口の健康~身体の様々な問題までトータルにケアします。

 

自らの体験によって、医療の原点は「患者さんをよく知り、理解すること」だと確信し、患者さんのことばによる情報を、歯科的な意味に置きかえて理解します。理解の程度が治療結果を左右するので、コミュニケーションは重要だと考えています。

そしてかみ合わせを通じて安心や健康・美容の増進を提供しながら、患者さんを陰で支え続けたいと考えています。

院長のご紹介
菊池先生

■略歴

1978年

駒場東邦高校卒

1984年

九州歯科大学卒

1988年

世田谷区にてキクチ歯科を開業

2007年~2012年

東京歯科大学解剖学教室在籍

2014年

歯学博士

2015年

K.i 歯科を開業

菊池龍

1959年生 東京都出身

■所属学会

ICCMO(国際顎頭蓋機能学会)
日本インプラント学会
日本顎咬合学会

:: 安部井寿人先生(院長の師)のご紹介         ::

安部井先生ロゴ.png
安部井先生と

菊池龍介院長(左)と安部井寿人先生(右)

1937年

南米ペルーにて出生

1962年

東京歯科大 卒

1964年

東京滋恵会医科大学 勤務

1966年

ニューヨーク市グッゲンハイム小児歯科診療所 フェローシップ

1968年

オレゴン州立大学一年コース終了。クラウンブリッジ科を専攻。Dr.リヒター、Dr.ウエノ に師事

1969年

Dr.ビーチに師事 近代的な診療方法について学ぶ

1970年

バーナード・ジャンケルソンに師事 咬合とTMDについて学ぶ

1970年

東京新宿にパシフィック歯科診療所を開設

1980年

東京都杉並にア歯科パークハイム診療所を開設

1995年

東京かみ合わせ治療研究所を併設

2005年

新宿から杉並に移転

2018年

ご逝去

 

かみ合わせに問題があるかどうかは、筋肉と関節の両面から専門の計測機器で検査します。当院は筋肉の収縮とともに発生する活動電位を波形として観測、記録する「筋電計」など、専用の計測機械を2種類導入しており、精密な検査が可能です。正しいかみ合わせの位置を見極めるには専門の計測機器が不可欠です。このほか、歯科用CTスキャン、CAD/CAM、顎運動解析機、レーザー治療器などの先端機器で数値として出るデータで解析を行い、目標を決めてデータを確認しながら治療をするのが当院のポリシーです。歯やあごの関節や噛むための筋肉の存在を忘れるくらい、滑らかでよく噛める「かみ合わせ」を提供することを目標としています。

 
嚙み合わせ診断

​EMG

検査項目を絞ってご負担を抑え、メリハリのある「かみ合わせ」診断をめざします。

画像

「かみ合わせ」診断専用コンピューターを用いて調べることは、健康診断で血液検査をするのと同じです。

検査

「歯並び」を気にされている方は、まず、土台となる顎の形と大きさを調べれば問題がクリアになります。

当院は先端検査機器を使ってかみ合わせを正しく診断